歯並びを改善するために行なわれる適切な治療法

治療法に関する知識をつけよう

歯の矯正をする前に、どのような治療法があるのかを確認しておくと良いですよ。歯並びを治す方法にはいくつかの種類があり、それぞれ異なる特徴を持っています。矯正歯科を受診する前にその違いを把握しておきましょう。

矯正治療の特徴

器具

歯並びの状態によって治療法が異なる

歯並びを矯正する方法は数多く、歯の状態によって適切なものを選択するケースがほとんどです。もちろん患者個人の希望なども聞き入れてもらえますが、医師は最善の治療法を提案してくれるため、参考にすると良いでしょう。上顎・下顎だけの矯正など、部分的な矯正も可能です。

目立たない矯正方法

これまでの歯列矯正では、メタルブラケットと呼ばれる金属製の矯正装置を用いる方法が一般的でした。歯の表面に取り付けられるため、開口すると金属が見えてしまい、その見た目を気にする患者が多かったのです。治療の効果は高いため歯並びを改善するには最適な方法です。しかし治療中は出来るだけ目立たせたくないという希望を抱く人は多いでしょう。
近年では「目立たない矯正」が注目されるようになりました。富山の矯正歯科では裏側矯正やマウスピース矯正が行なわれており、幅広い年齢層の患者から支持されています。

審美歯科が役立つことも

ちょっとした歯の歪みなどであれば、審美歯科治療によって改善出来るケースがあります。審美歯科は歯の見た目を美しくするための診療、歯の黄ばみなどを改善し、健康的で美しい歯にすることが可能です。虫歯の治療痕や黄ばみを改善するために被せ物が用いられます。「ジルコニアクラウン」や「メタルボンド」などが原料になった被せ物は自然の歯ととても似ており、これを利用することで不揃いな歯並びを改善出来るのです。

子どもの歯にも矯正が必要

大人の歯は「永久歯」と呼ばれるものです。小学校低学年の前後には歯が生え変わるため、それまでは特に虫歯治療や歯列矯正の必要はないと思われることもあるでしょう。しかし乳歯の間にしっかりと治療を行なうことはとても大切です。
虫歯を放置すると生え変わった永久歯も虫歯になることがあります。矯正も同様に、適切なケアをしなければ顎の骨が十分に成長せず、必然的に歯並びが悪くなってしまうのです。生え変わってから矯正治療を行なうより、乳歯のうちにしっかりとケアを行なっていた方が費用はかかりません。